本編を視聴するには、視聴条件をご確認ください

配信開始 見放題

この動画を視聴するには

※この動画は、見放題コースご契約の方のみ視聴ができます

購入済みの方は、ログインして視聴

見放題コースを契約する

コミュニケーションが苦手な子への指導の実際 ①指導者が念頭に置いておきたいこと

発達障害のある人のコミュニケーションにおいては、ことばの理解の力があっても、何らかの困難さを抱えていることが多いように思われます。とりわけ思春期~青年期にかけては、例えば、「会話がすれ違う」、「会話に参加するタイミングが分からない」、「説明が相手に伝わりにくい」などの困難さがあります。また、本人は特に困っていないが周囲が困っている場合もあるかもしれません。今回は当事者でもある村上由美先生自身の体験もお話しいただきながら、指導者が念頭に置いておきたいポイントをご紹介します。

<講師>村上由美(ボイスマネージ)

※全3本のシリーズです。「②指導のポイント」「③「お気持ち」問題」と合わせて視聴されることをおすすめいたします。
「②指導のポイント」
https://hattatsu.socialcast.jp/contents/199?fcid=27
「③『お気持ち』問題」
https://hattatsu.socialcast.jp/contents/203?fcid=27

関連動画