本編を視聴するには、視聴条件をご確認ください

配信開始 見放題

この動画を視聴するには

※この動画は、月額見放題ご契約の方のみ視聴ができます

購入済みの方は、ログインして視聴

この動画が含まれる
月額見放題

吃音のある子へのクラスでの対応 発達障害等を併せ持つ子も含めて

吃音のある子は、珍しい存在ではありません。幼児期の発症率は5%以上と言われています。子どもの生活の場、学びの場である園や学校のクラスでは、どう対応するべきなのでしょうか。今回は、主に集団の場での支援をテーマに、その背景や、対応の方向性、保護者との連携、発達障害等を持つ子への注意点・配慮について学びます。

<講師>
小林 宏明(金沢大学)

<内容>
00:34~ 吃音の言語症状
05:11~ 吃音の心理症状
10:47~ 疫学・原因
14:49~ クラスや集団で吃音のある子が困ること 1
19:43~ クラスや集団で吃音のある子が困ること 2
20:53~ クラスや集団での対応の提案
24:13~ 合理的配慮の例
27:25~ 保護者との連携
29:14~ 発達障害等を併せ持つ子への注意・配慮
33:03~ 入学試験や就職活動への対応
35:06~ 参考文献

※この動画は、過去に公益社団法人発達協会の発行する月刊誌「発達教育」の特集でも取り上げましたテーマです!
「発達教育」について知りたい方は、以下のページよりご覧ください。(発達協会のページに飛びます。)
 http://www.hattatsu.or.jp/hattatsu_kyouiku_new.html

関連動画