本編を視聴するには、視聴条件をご確認ください

配信開始 見放題

この動画を視聴するには

※この動画は、月額見放題ご契約の方のみ視聴ができます

購入済みの方は、ログインして視聴

この動画が含まれる
月額見放題

場面緘黙のある子の育ちと願い~発達段階に応じた対応のポイント

場面緘黙のある子の場合、「他の場面では話せているのに、特定の状況で話せなくなる」といった様子がみられ、周囲から理解がされにくく、対応に工夫が必要です。本講義では、場面緘黙の定義や理解の仕方についてご紹介し、未就園の時期から中学・高校の時期までの各段階における、対応のポイントについてお話いたします。

<講師>
高木潤野(長野大学)

<内容>
・場面緘黙の定義
・なぜ話せなくなってしまうのか:氷山モデルによる理解
・発達段階ごとの対応のポイント
 ・(1)未就園から就園まで
 ・(2)幼児期
 ・(3)児童期
 ・(4)中学~高校

※この動画は、過去に公益社団法人発達協会の発行する月刊誌「発達教育」の特集でも取り上げましたテーマです!
「発達教育」について知りたい方は、以下のページよりご覧ください。(発達協会のページに飛びます。)
 http://www.hattatsu.or.jp/hattatsu_kyouiku_new.html

関連動画