本編を視聴するには、視聴条件をご確認ください

販売開始 配信開始

関連ファイルダウンロード

※関連ファイルは動画視聴可能になるとダウンロードできます

  • 発達障害者の感覚の問題と社会的コミュニケーション210205修正.pdf(3.58 MB) 

発達障害の方の感覚の問題と社会的コミュニケーション【R2-51】

<講師> 和田 真

経歴:
1995-2001 筑波大学医学専門学群
2001-2005 筑波大学大学院人間総合科学研究科
2007-2009 同・助教
2009-2013 国立障害者リハビリテーションセンター研究所研究員
2013-現在 国立障害者リハビリテーションセンター研究所脳機能系障害研究部発達障害研究室長
2014-2019 順天堂大学医学部非常勤講師
2018-現在 静岡大学情報学部客員教授
2019-現在 順天堂大学医学部客員准教授

発達障害のある人に、感覚の問題がある場合が多いことはよく知られるようになりました。しかし「感覚」にも視覚・聴覚・触覚・味覚など様々あって、感覚の問題も”過敏さ”には限らないという認識は、まだ広くされていないかもしれません。本講義では、感覚の問題とその要因や対応について具体的にお話します。実験研究に基づく、感覚の問題とコミュニケーションとの関連についても解説。発達障害のある人の感じ方、生きにくさ、必要な支援への理解を深めます。

関連動画